1. TOP
  2. サイン
  3. サインが表すステータスとは?

サインが表すステータスとは?


ステータスとは「社会的地位や身分・またはそれを表すもの」と定義されます。

では、「社会」とは何かというと様々な定義がありますが、ここでは「何らかの共通事項や共通目的をもってクラス人々のグループ」ということにしておきます。広い定義で言えば、人間という共通事項で結ばれた「人間社会」があります。演劇愛好会も一つの社会だと言えます。人数が少なくなって二人や三人となってくると、一般的な社会のイメージとはかけ離れますが、それでも社会的な現象が発生することもあります。

ステータスが高いということは、その社会の中で高い評価を受けている状態です。
ビジネス社会であれば、上場企業の経営者や大物政治家だけが利用できるような高級料亭や高級旅館、レストランを利用できるということは、多くの人からステータスが高いと認められるでしょう。
都市社会であれば、お金が重要な基準値となりますから、高価な自動車やバッグ時計、衣類などを所有しているとステータスが高いと認められやすくなります。航空機やヨットを所有していれば尚更です。
クレジットカードも、ブランドにもよりますが、ブラックカード、プラチナカードを所持しているとステータスが高いと言われます。ゴールドカードも以前は高いステータスを誇っていましたが、現在は取得が容易になっているためステータスを感じない人も増えています。

そうした様々なステータスがある中で、自分自身のサインをもつことのステータスとは何でしょうか?

第一に、サインそのものの法的な位置づけにあります。日本以外の国では、サインによって多くの契約や手続きが決定づけられます(ハンコ社会の日本や例外的です)。
大きな金額や手続きの承認に関わる人は経営者などのエグゼクティブクラスの人になりますから、サインのイメージが高いステータスと結びつくのも当然ですね。
映画スターやスポーツ選手などのセレブがファンにサインをすることも、大きな影響があるでしょう。

第二に、サインそのものの美しさがあります。いくつかの科学的実験で示されていることですが、人間は相手が書いた文字から、「社交性の高さ」、「実直さ」、「仕事の能力」等を読み取る傾向があります。美しいサインが書けるということは、そうしたものを備えているとみなされることになりますから、スマートなサインが書ける人は、高いステータスを持っていると見なされやすくなります。

第三に、技巧的な難しさがあります。特にサインが書けない人にとって、スマートなサインは書くのが難しく思えます。何か特別な技術(魔法?)を持っているように感じられるのです。自分が真似ができない。多くの人が真似ができないと感じられるものに、人は高いステータスを感じるのです。

以上、サインがもつステータスについて述べてきましたが、サインの魅力はこれだけにとどまりません。
是非、当サイトでプロのデザイナーに手によるサインを手に入れて、スマートなサインを所有することの喜びと誇らしさ、素晴らしさを味わってみてください。