1. TOP
  2. サイン
  3. 連絡帳は数少ない学校の先生との接点、大切にして子供の将来につなげましょう。

連絡帳は数少ない学校の先生との接点、大切にして子供の将来につなげましょう。

子供が進学、進級すると、「新しい環境でうちの子はうまくやれているかな」と心配になりますね。

さて、新年度が始まると、宿題、連絡帳、音読カードなど、多くの場面で、ご両親のサイン、署名が必要とされます。ほとんどのご両親にとって、こうした提出物のサインやスタンプ、印鑑などが学校の先生との数少ない接点であることでしょう。

毎回サインするよりは、スタンプや印鑑のほうが楽のように思えますが、一度にたくさんの書類を処理する場合ならともかく、一度に一回のことであれば、サインのほうがずっと簡単です。

また、ハンコやスタンプだといかにも手抜きなイメージを与えます。サインをしっかり書くことにより、子供の教育に手を抜かないきちんとしたご両親のイメージが先生に伝わります。ハンコやスタンプだと子供が自分で勝手に押したりもできるので、本当にご両親が見ているのかわからないからです。

人は手書きの文字から様々なメッセージを受けとります。真面目な人柄や、親しみやすさ、自身、活発さなど、プラスのイメージを与えることができれば、それは自然と先生が受け取る子供のイメージとも重なることになります。

是非、先生との接点を大切にするためにも、ひと手間かけてサインをしてあげてください。